のぼり旗作成時の価格


のぼり旗というのは、既製品であればとても安く購入できます。オリジナルのデザインで作成して
入手する場合には、既製品ほどは安く購入できないものですが、工夫次第で
価格を抑えることができますので、覚えておくと良いです。

ポイントとなるのはデータの入稿の仕方で、自分で一から作成して入稿するようにすれば
価格を抑えることができますので、これができそうな人が頑張って作業してみると良いでしょう。

入稿作業

技術力や時間に余裕があるという人であれば、大きな負担になることがないでしょうから実践したいところです。

ちなみに、自分でのぼり旗のデザインを作成する場合でも、入稿の仕方によって
かかる費用が変わってくることがありますので、注意しておきたいところです。

使用するソフトの種類が違ったり、手書きで作った物を入稿する場合は
1点あたり数千円かかってしまうものです。

お金がかからない入稿の仕方ができないという人は、納期の方を工夫して
費用を抑えることが可能ですので、実践してみるのも手です。

のぼり旗を入手する時には、納期を選べるようになっていることがありますが、
早めにすると高くなり遅くすれば安くなります。

納期を遅らせて注文すると急ぎで対応してもらうよりも結構金額が変わってきますので、なかなか侮れないです。

価格が変わる

ちなみに、納期のプランに関してですが、単純な経過日数ではなく
営業日の経過日数で設定されていることがありますので注意が必要です。

例えば、8営業日で発送されるとしても、途中に休業日を挟んでいる場合は
そこを除いた日数で8日数えて対応となることがあります。



のぼりで売上アップ 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

特徴をアピール

一押しメニュー

ウェブショップからの購入を考える

のぼり旗作成時の価格