のぼり旗の製作について考えてみる


お店を経営してみて初めて、宣伝などのツールとして
のぼり旗が意外に便利だと気づかれる方もいます 。

いち消費者として暮らしていると見落としてしまいがちですが、
経営する立場になるととたんにのぼり旗が気になります。身近なのぼり

街ののあちこちにあるのぼり。
どういうところで作られているのか。
どれぐらいの値段で作れるのか。
どこに注文するのか。

最近は格安ののぼりが販促ツールとして人気です。
のぼり旗は、ネットでも簡単に注文できます。

また、似たような形として横断幕がありますが、
原理は同じことではないでしょうか。
縦か横かの違いなのかもしれません。
もしくはサイズの上限の違いもあります。

どちらにしても、インパクトがあって、販促アイテムとして優秀です。
昔から当たり前のように、街の景色と一体となっていました。

注意して見てみると、多くののぼりが目につきます。
それぞれに形が違ったり、デザインが個性的だったり。
やっぱりのぼりにも効果的なものがあると思います。
せっかく作るのなら、それを研究して作りたいものです。

「期間限定」ののぼり旗の持つ効果

期間限定のキャンペーンなどをのぼり旗で宣伝することには
高い宣伝効果があります。

のぼり旗という大きな存在感のあるツールが
特別感を演出するようになるからです。

人はこのような特別といった要素に弱いものです。

今しか利用できないとあれば、特に興味がなくても
つい目を向けるものです。

そのために新たな需要を掘り起こす効果も期待できるようになります。
また、期間限定で使用する宣伝ツールとしては
非常に高い費用対効果を持つことにもなります。期間限定のぼり

例えば、同じ屋外型の宣伝ツールとなる看板を制作する場合には
のぼり旗よりも高い費用を必要とします。

また耐久性も高いので、キャンペーン期間が終わっても
使い道がないままに在庫として残ることになります。

これは無駄なコストであるわけですが、のぼり旗は
良い意味で色が次第に劣化するものですし、ちょうど
キャンペーン期間で使用するにはちょうど良い
コストパフォーマンスとなります。

短期間で高い集客効果を望めるものとして、飲食店などでも
良く利用されるのはこのためです。

また、イベント会場での展示会などでも多く活用されるのは、
短期間だけ使用するのにはちょうど良い費用であることも
理由となります。

個人でもネットなどで手軽に注文できますし、デザインも
簡単に行うことができます。

そのためにイベント開催まであまり期間がないような場合でも、
すぐに制作することが可能となります。

トータル的に高い費用対効果で宣伝活動が行えます。


のぼりで売上アップ 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

特徴をアピール

一押しメニュー

ウェブショップからの購入を考える

のぼり旗作成時の価格

企業イベントでののぼり

道路使用許可

「期間限定」のぼり